地震雲が発生する理由やそこからわかることを学ぼう

日本

地震雲と予測

テレビ

地震雲が起こる理由

地震雲とは、地震が近くなるとみられる雲です。この地震雲の発生に関わっているのが、地震予測でも利用している電磁波です。
雲は地球から発せられる電磁波によってその形状を変えることがわかっています。そのため、雲の形状を見ることで、地震が起こる時に発生する電磁波が出ていることを事前に知ることができるのです。

帯・すじのような雲

この雲は地震が発生する2~3日から12日前ぐらいによく見られます。
その特徴は、空と雲が完全に二分割されているようにみえることです。
その不気味さから、地震の前に多くの人が気がつく雲です。

垂直になった雲

この雲は空に飛行機雲のように真っ直ぐに伸びていることが特徴です。
ときには竜巻のようにみえることもあります。
この雲が発生すると、あと1~3日後に地震が起こると考えられています。
飛行機雲と見分けるためには、すぐに消えるかどうか、近くに飛行機があるかどうかで判断しましょう。

波々になった雲

水に石を投げ込んだ時に波ができますよね。あの波のように見える雲がこの雲の特徴です。
雲の色が濃ければ濃いほど、大きな地震が来る可能性があると考えられています。
地震発生の約7日前に見られると言われており、これから起こるかもしれないとされている関東地震の前にもみられるかもしれません。雲の様子もチェックしておきましょう。

地震予測のメリット

危機感を持つことができる

地震はいつ来るかわからないから、普段から地震対策をしておこうとは言うものの、実際に地震対策をしているご家庭はどれくらいあるでしょうか。実はあまりしていない家庭が多いのが現状です。地震予測を活用すれば、普段から危機感を持って対策できるはずですよ。

情報の信憑性があがる

ふと空を見上げた時、地震雲のような雲があったら不安ですよね。しかもその雲が本当に地震雲なのか、判断が難しいはずです。そんな時に電磁波による地震予測と合わせて確認すれば、その地震雲の信憑性も上がりますよ。

食料を無駄にしない

保存食の中には5年以上もつものもありますが、どうせ保存食を準備するなら自分が普段食べ慣れているものも準備しておきたいですよね。あらかじめ地震を予測できたら、それに備えて自分の好きな食材を買い溜めておくことができますよ。

周囲より先手が打てる

あの関東震災が来た時、その周囲のスーパーやコンビニは、深刻な物資不足になりました。もし、地震予測をして備えていれば、自分の家庭だけでも十分に物資を確保できたはずです。予測があれば、周囲より早く物資を確保することができますよ。

安心感がある

大きな地震を経験した方の中には、地震が起こるかもしれないと日々不安を抱えている人もいます。そのような方こそ、地震予測を使用することをおすすめします。地震を予測して、この先はとりあえず地震が起こる可能性が低いということがわかれば、日常に少しでも安心感を得ることができるはずです。

広告募集中